お墓参りをいつまでも快適に… 増加するバリアフリーのお墓とは?

Pocket

pixta_1661825_ms

お墓のデザインが多様化している中で、見た目だけでなく機能的で快適なお墓も増えてきています。
そんな中近年注目されているのが、車椅子の方でも快適にお墓参りができるバリアフリーのお墓です。
今回は、バリアフリーのお墓は通常のお墓とどんなところが違うのか、くわしくご紹介いたします。

増加するバリアフリーのお墓と墓地

かつて墓地は街から少し離れた場所に作られることが多く、山の一部を切り崩した場所など足場があまり良くない立地も少なくありませんでした。
そのため、高齢になって足腰が弱い方や車椅子の方だとお墓参りをするのが難しく、思うように参拝できない悩みを持っている場合も多いです。
近年では墓地やお墓自体をバリアフリー設計にするところも増えてきており、高齢で車椅子の方でもスムーズにお墓参りができるようになったのです。

特に比較的新しい霊園では、公園のような広い敷地でゆったりとした区画が用意されています。
そしてお墓もまた、私たちが暮らす家と同じようにバリアフリー化すれば、どなたでも安全に快適にお参りができるようになるのです。
具体的に、バリアフリーのお墓は通常のお墓とどんな違いがあるのかを次にまとめました。

お墓のバリアフリーの例

・お墓に段差がない

お墓は外柵に囲まれ2~3段の階段がついているデザインのものも多いです。
しかしバリアフリー化すれば、お墓に段差をなくして車椅子が入れるようスロープのデザインにすることが可能です。

・滑り止め加工

お墓の敷石の表面に凹凸加工をしたり、ザラザラな表面にしたりして、雨や雪でお墓が濡れている時でも足元が滑りにくい設計にしています。
そのため、お子様やご高齢の方でも足場が安定しており、いつでも安全にお墓参りが可能。
この凹凸やザラザラは模様をつけて仕上げるため、それ自体がお墓のデザインの一部として美しく仕上がっています。

・外柵にベンチを設置する

車椅子や高齢で長時間立っているのがつらい方のために、外柵の一部としてベンチを設置することも可能です。
またベンチ式物入れを設置して、そこに座れるデザインにすることも可能です。

バリアフリー墓地の特徴

お墓自体をバリアフリーにするだけでなく、霊園によっては全ての区画をバリアフリー化にしているところも増えてきました。
道とお墓の間に段差がないような設計や、通路の水はけを良くしているなどの特徴があります。
他にも、駐車場から墓地までが平坦で車椅子での移動が可能なところ、バリアフリーの多機能トイレを設置している墓地など、天気に左右されずいつでもお墓参りがしやすい設計になっています。

<まとめ>

このように、バリアフリーのお墓や墓地はご高齢の方だけでなく、お墓を建てた方自身も長年に渡って快適なお墓参りができるのも魅力です。
お墓参りに行きたいと思っても、足腰が弱ってくるとなかなか足を運ぶのが大変になることもあります。
そこで、将来自分自身や子孫たちもがいつまでも快適にお墓参りができるよう、ぜひお墓や墓地にもバリアフリーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

Pocket

お気軽にお問い合わせ下さい。

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。


お電話でのお問い合わせ

0120-278970

9:00~17:00(土日祝も承ります)


 
メールでのお問い合わせ

下記のボタンより
お問い合わせフォームに入力ください。


お問い合わせフォームはこちら