どう違うの?お彼岸に供える「ぼたもち」と「おはぎ」の由来

Pocket

pixta_9568576_MS

春と秋の年に2回あるお彼岸は、故人やご先祖様へ感謝の気持ちを伝えるためお墓参りをしたり、仏壇にお供え物をしたりします。
お彼岸の時期は、昔からあんこでもち米を包んだおはぎやぼた餅を食べる家庭が多いですよね。
このおはぎやぼた餅、どうしてお彼岸の時期に食べられるようになったのでしょうか?

 

お彼岸におはぎを食べるのはどうして?

もともと仏教では「赤」というのは特別な色であり、魔除けの力があると信じられてきました。
そして、おはぎにはもち米と小豆が材料に使われていますが、赤色である小豆を使うことで、邪気を払い先祖供養の際にお供えされるようになったのです。
また、お餅はみんなが飢えずに食べ物が得られるよう、五穀豊穣の願いが込められた食材です。
昔は砂糖が貴重品だったため、甘いおはぎはお彼岸などの時期しか食べられない特別なお菓子でもありました。

おはぎとぼた餅は違う食べ物なの?

小豆ともち米を使ったお菓子は、おはぎの他にぼた餅と呼ぶこともありますよね。
この2つのお菓子ですが、実は材料はどちらも同じものなのです。
しかし、お供えする時期や餡子の作り方によって、おはぎとぼた餅と呼び分けがされています。

・ぼた餅

ぼた餅は春のお彼岸にお供えするお菓子で、餅をつぶあんで包んでいます。
春は「牡丹(ぼたん)」が咲きますが、この牡丹の花に見立てたあんこ餅を「牡丹餅(ぼたん餅)」と呼んでおり、後に現在の「ぼた餅」に変化していったと言われているのです。

・おはぎ

一方おはぎは秋のお彼岸にお供えするお菓子であり、餅をこしあんで包んだもの。
秋の七草の中に「萩」がありますが、その萩の花が小豆の粒と見た目が似ていたことで「萩餅(はぎもち)」と呼ばれるようになったのです。
後にその萩餅は、「お」をつけて「おはぎ餅」と丁寧に呼ばれるよう変化していき、現在は「おはぎ」と言われています。

このように、春のぼた餅はこしあん、秋のおはぎはつぶあんという違いがあるのです。

おはぎやぼた餅はいつ食べるの?

作ったおはぎやぼた餅は、基本的にお彼岸の中日にお供えし、春分、秋分の日に食べるのが望ましいとされています。
春分は寒さが落ち着いて草木が芽吹く時期であり、生命を慈しむための日。
そして、秋分の日は夏の暑さが少し和らぎ、お米や作物などが実りを迎える季節です。
また、ご先祖様を敬って亡くなった方々を偲ぶ日でもあるので、中日におはぎやぼた餅を食べることで、ご先祖様や自然への日々の感謝や供養の気持ちを伝えることができるのです。

<まとめ>

おはぎとぼた餅は、供える時期と餡子の加工方法によって呼び方が異なります。
また、お彼岸の入りにお団子を供えるところもあるなど、地域によって様々な文化があります。
ぜひお彼岸の時期は、おはぎやぼた餅をお供えし、今年も無事過ごせた感謝の想いをご先祖様にお伝えしたいですね。

Pocket

お気軽にお問い合わせ下さい。

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。


お電話でのお問い合わせ

0120-278970

9:00~17:00(土日祝も承ります)


 
メールでのお問い合わせ

下記のボタンより
お問い合わせフォームに入力ください。


お問い合わせフォームはこちら