戒名・法名は納骨前に彫刻しないといけないの?

Pocket

pixta_13042141_MS

お墓をお持ちの方のほとんどは、不幸があった場合お墓へお骨を納めると思います。納骨日は地域や家庭の習慣によっても異なります。亡くなった翌日に納める場合や、数日後に納める場合、別れが辛いため数年後になる場合もあります。そもそも納骨はいつまでに行うべきか、彫刻は事前に行わないといけないのか、現在のお墓事情と共にご紹介します。

納骨は一般的には四十九日を目安に

四十九日は七七日忌(なななのか)とも言います。
人は亡くなった後、その魂はすぐにはあの世へ行かず、四十九日は家の周りをさまよっているといわれます。仏教では、死後7日毎に生前の行いについて裁判を受け、最後の7週目に閻魔大王により判決を受け、極楽へ行くか地獄へ落とされるかが決まります。良い判決を受ける為、残された遺族は七日法要を行います。
そのため、納骨は四十九日を目安に行われるようになりました。
しかし、人それぞれ事情があります。四十九日以降の節目であれば、期限というのはありません。百か日や一周忌、お彼岸でも問題はありません。残された方の気持ちを優先にお考え頂ければと思います。

戒名・法名彫刻時期に決まりはない

亡くなられた翌日や、数日後に納骨する際、彫刻が間に合わない場合があります。彫刻については、準備に時間が掛かる場合や、天候によっても左右されます。
納骨の際、白木の位牌を用いて供養を行います。本位牌が間に合わない為でもありますが、戒名・法名彫刻の代わりにもなります。そのため、必ずしも納骨前に彫刻が必須ではありません。納骨後、お墓へ白木の位牌を置いたままにする場合がありますが、戒名・法名彫刻を行った際にお寺や石材店にて引き取ります。宗派や地域によっても異なる場合がありますので、ご不安な場合はご住職や地域の石材店へご確認をお願い致します。

お墓もさまざま

多いケースではありませんが、亡くなられた方の彫刻をしない場合もあります。彫刻は必ず行わなければならない決まりはありません。名前を彫らずに没年月日や行年だけのお墓や何も彫らないお墓もあります。
逆に、彫刻されていてもお骨が納められていないケースもあります。亡くなる前に彫刻される方もいらっしゃいますし、亡くなっていてもお骨を納めていない場合もあります。
家庭事情に合わせて、お墓のあり方も変化しているようです。
墓園・霊園、寺院墓地によって、彫刻について定められている場合もありますので、ご検討される場合は確認が必要となります。

<まとめ>

納骨に期限はない。
彫刻は納骨前後どちらでも。

Pocket

お気軽にお問い合わせ下さい。

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。


お電話でのお問い合わせ

0120-278970

9:00~17:00(土日祝も承ります)


 
メールでのお問い合わせ

下記のボタンより
お問い合わせフォームに入力ください。


お問い合わせフォームはこちら