お墓の掃除はどうすればいい?大まかな手順とポイント

Pocket

pixta_3194045_M
お彼岸やお盆などのお墓参りの際は、ご先祖様へ手を合わせるだけでなくお墓をきれいに掃除することも大切な供養の一つです。 しかし、お墓はどのようにきれいにするのか、方法がわからず戸惑う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、お墓掃除の大まかな流れと、特にきれいにしておきたいポイントをご紹介します。

お墓のお掃除に持って行く道具と服装

お墓を掃除するために持っていく道具は主に以下のものがあります。

・ほうき
・たわし
・スポンジ
・雑巾
・バケツ
・ごみ袋
・軍手かゴム手袋

特に雑巾は汚れた後にきれいなもので乾拭きできるよう2枚以上持って行くのが望ましいです。
出たごみは持ち帰るため、ごみ袋も忘れずに持っていきたいですね。

また、服装はスカートなどきっちりしたものは控え、動きやすいようパンツスタイルがおすすめ。墓石の汚れが服についたり水がかかったりするため、汚れても問題がない服を選んでください。

具体的なお墓掃除の手順は?

①お墓の周りのごみを取り除く

お墓周辺の枯れ葉やごみをほうきで掃き、雑草を抜いてきれいに整えてください。
拾ったごみや枯れ葉はごみ袋に入れて持ち帰るようにしましょう。

②墓石を水できれいにする

バケツに水を汲んで、たわしや濡らした雑巾で汚れを落としていきましょう。
家庭用洗剤では墓石の表面を傷つけてしまう場合があるので、しつこい汚れには墓石専用の洗剤を使うのが望ましいです。
彫刻された文字は歯ブラシで隙間をこするようにすると、土などの細かい汚れを落としやすいのでぜひ活用してみましょう。
拭き掃除が終わったら必ず水で濡らしたままにせず、仕上げとして乾拭きをしてください。墓石が濡れたままになっていると、水分にホコリやごみがついて汚れになってしまうためです。

③水鉢や香立てなどをきれいにする

墓石をきれいにしたら、水鉢、花立、香皿をきれいに掃除しましょう。
花立ては古くなった水が腐り臭いが気になることがあるため、柄がついたスポンジなどで奥まできれいに汚れを落としてください。
また、中心部分にある水鉢や茶台は特にきれいに磨き上げましょう。
この水鉢はご先祖様や故人が水の反射によって、この世を見るための鏡として使われています。
そのため、汚れがないようきれいに洗ったら、新しい水を張っておくのを忘れないでおきたいですね。

<まとめ>

お墓掃除は高いところに登ったりかがんだりと、体を大きく動かすので汚れても良い動きやすい服装がベストです。
ご先祖様が眠っているお墓をきれいに掃除するのは、感謝の気持ちを伝える供養の形にもなります。
掃除した本人もまた、晴れ晴れとすがすがしい気持ちになれますよ。

Pocket

お気軽にお問い合わせ下さい。

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。


お電話でのお問い合わせ

0120-278970

9:00~17:00(土日祝も承ります)


 
メールでのお問い合わせ

下記のボタンより
お問い合わせフォームに入力ください。


お問い合わせフォームはこちら

コメントを残す

*