世界で最も赤い石!?インド産の石材「インペリアルレッド」について

Pocket

pixta_3816515_MS

お墓の色と言えば、グレーや黒のイメージが強いですが、その2つの色の次に人気が高いのが赤系統の石材です。
そんな数ある赤系統の中でも、最も赤みが強い御影石として有名なのが「インペリアルレッド」という種類。
他のお墓とはちょっと違う、存在感のある見た目に仕上げたい方に人気です。

インペリアルレッドってどんな石?

インペリアルレッドは別名インド赤とも呼ばれており、墓石の中でも赤みが最も強い種類の石です。
この「インペリアル」とは、「最上級」「威厳のある」という意味合いで、その名のとおり存在感がある深い赤の色合いが特徴。
インドの赤御影石の中でもメジャーな種類であり、墓石としてだけでなく建築用にも用いられてきました。

インド産の石材は基本的に硬度が高いものが多いですが、その中でも特に硬度があることでも有名で、吸水率が低く雨風に強いのも大きな魅力。
1980年代から世界各国の建築物に採用されてきましたが、近年は日本でも墓石用に使われる機会が増えてきました。
しかし、この硬質さ故に加工が難しい石でもあります。
そのため、たとえば角をなくして曲面を作る時は削る際に石の結晶が飛んで行ってしまうことも。
また、経過年数につれて全体的に微小の傷ができていき、触ると表面がザラザラしている質感になりやすいです。
ただ、この深い赤色によって、見た目にはほとんど変化がありませんので、汚れやキズが目立ちにくい石材でもあるのです。

インペリアルレッドはこんな使い方がおすすめ

・ポイント使いにする

墓石全体をインペリアルレッドにするのではなく、一部のポイントとして用いるのに向いています。
たとえば、基本を黒の御影石にして香炉や花立ての部分のみ、デザイン墓石の模様としてなどお墓に複数のカラーを入れたい人におすすめです。

・洋型墓石

インペリアルレッドは、特に洋型墓石に使われることが多く、深みのある赤色によってお墓に存在感を与えることができます。
周囲が黒やグレーのお墓なのに対し、赤みの強い石を使うのは浮いてしまわないか不安に思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、インペリアルレッドは世界中のモニュメントや、ホテルのロビーの部分にも使われることが多く、他にはない深みのあるカラーが高級感を感じさせる石です。
どことなく温かみも感じられるその色合いは、最近霊園などではよく見かけられるようになりました。

<まとめ>

インペリアルレッドは、一色にしてもポイントやツートンカラーにしても馴染む、オールマイティーな石材です。
生産量も安定していて、比較的価格も標準的なので赤系統のお墓の建立を検討している方は、ぜひ石材店で実物を見てみてはいかがでしょうか。

Pocket

お気軽にお問い合わせ下さい。

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。


お電話でのお問い合わせ

0120-278970

9:00~17:00(土日祝も承ります)


 
メールでのお問い合わせ

下記のボタンより
お問い合わせフォームに入力ください。


お問い合わせフォームはこちら