生前にお墓を建てることのメリット

Pocket

pixta_17154456_MS

ほとんどの方がお墓を建てるは初めての経験になると思います。「自分が入るお墓は自分で」と考えられる方も多いと思います。
お墓とは、いったいどのタイミングで建てるのが望ましいのでしょうか?
お墓を建てるのに必要なことなど、近年の傾向を交えご紹介します。

生前にお墓を建てるということ

生前にお墓を建てることを「寿陵」と言います。「寿」は長寿・長命を意味し、「陵」はお墓を意味します。生前にお墓を建てる「寿陵」は「長寿が約束される」という大変縁起が良いこととされています。
秦の始皇帝や聖徳太子など、生前に自分のお墓を建てた記録があり、寿陵の歴史は古くからあります。仏教では生前に位牌や墓石を用意し、法事を営むことの功徳は大きいとされています。

寿陵のメリット、デメリット

寿陵のメリットとしては、「自分の希望(好み・色)で建てられること」、「事前に用意することで、必要になった際に慌てることがない」、「家族へ負担をかける心配がない」などが挙げられます。
反対にデメリットとしては、「遺骨が入っていなくても定期的に清掃が必要(した方が良い)」という点のみです。遺骨が入っていない場合でも、お墓を建てた際に開眼供養を行う方もおります。その場合は遺骨が入っていなくても、ご先祖様の魂がお墓に入りますので、清掃をすることでご先祖様の供養となります。もちろん、焼香をするのも良いでしょう。

墓所の購入と墓石の購入

お墓をご検討された方はご存知かと思いますが、お墓を建てる際には「お墓を建てる場所」が必要となります。寺院墓地や公営墓地(市営・民営)、共同(共葬)墓地など、さまざまです。どの墓所を選択されるかで、価格も変わってきます。多くの場合、お墓を建てるということは、墓所の購入(永代使用料の支払い)と墓石の購入が必要になります。決して気軽に支払える価格ではありませんので、事前に少しずつでも検討されたほうが良さそうです。

墓所のみ購入される方も

昨今増えているのが、「永代使用料を支払い墓所の確保をしておく」というものです。場所によっては「◯年以内に墓石を建てること」といった規定もありますが、特に既定が無いところもあります。その場合、年間の管理料の支払いのみで、墓所の確保ができます。
「墓石はゆっくり検討」とお考えの方もいらっしゃると思いますが、注意が必要です。「ゆっくり検討」される予定が、いつの間にか「建てる気持ちが薄れてしまう」ケースが増えてきております。「墓所はあるから大丈夫」という意識もあって、なかなか行動に移せない状況が続いてしまいます。
墓石の購入は、石材店にあるお墓をただ買うというものではありません。建てる方の「こだわり」や「趣味」、「ご家族のイメージ」など、「想い」を「形」にすることが大切です。「想い」が強ければ、お時間もかかります。お墓の建設工事は早くても2ヶ月ほどかかります。石材店にてどういったお墓にするのか、ご相談の期間も含めれば3ヶ月程度は見て頂いた方が良いと思います。
急に必要になった場合、検討~建立までに3ヶ月程度かかりますので、四十九日の納骨は間に合わなくなってしまいます。また、急ぐあまりデザインなど「ゆっくり検討」できません。

お墓の検討は、「ご家族みんなが元気なうちに」が良いと考えられます。一生に一度の買い物になりますので、ご家族みんなでご検討いただき、良いイメージができたら建立することで、ご家族みんなの「想い」が込められたお墓ができると思います。

<まとめ>

寿陵は「長命が約束される」ため、縁起が良い。
お墓を建てる際は、墓所と墓石の購入が必要。
お墓の検討は家族みんなでお早めに。

Pocket

お気軽にお問い合わせ下さい。

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。


お電話でのお問い合わせ

0120-278970

9:00~17:00(土日祝も承ります)


 
メールでのお問い合わせ

下記のボタンより
お問い合わせフォームに入力ください。


お問い合わせフォームはこちら