お墓を私有地に建てることは可能?その注意点について

Pocket

pixta_10168307_M
お墓を建てる場所を考えた際に、候補として自宅などの私有地を挙げる方がいらっしゃいいます。
しかし、お墓は墓地に建てなければならないと思っている方が多いのではないでしょうか?
果たして、私有地にお墓を建てることができるのか、その際の注意点についてご紹介します。

 私有地にお墓そのものを建てることはできる

日本では墓地・埋葬法4条1項によって、火葬した遺骨の埋蔵または埋葬するには都道県知事の許可が下りた墓地にするとの取り決めがあります。
しかし、お墓そのものを私有地に建立すること自体は問題ありません。
つまり、私有地に建てたお墓に納骨はできませんが、墓標や石碑として扱うのであれば法律違反にならないのです。
実際の納骨は許可を得ている墓地へ埋蔵したり、納骨堂へ納骨したりという形をとるケースがほとんどです。

私有地のお墓の近くに遺骨を置きたい場合はどうするべき?

たとえ埋葬ができなくても、自宅に建てたお墓の近くに遺骨を置いておきたいと考えている方も多いのではないでしょうか?
以下の方法であれば、私有地のそばに遺骨を保管することが可能ですので、検討してみてはいかがでしょう。

①埋葬せずに自宅で遺骨を保管する

私有地にお墓を造り、遺骨を自宅の仏壇などに保管しておくという形です。
納骨は認められていなくても、自宅に遺骨を保有するのは違反にはならないのです。
ただし、以前に一度でも埋葬をしたり納骨堂に納骨をしたりした遺骨の場合は注意が必要。
このような遺骨の移動は「改葬」の扱いになるので、埋葬していたお寺や管理している自治体への申請が必要なのです。
この際、お寺などによっては離檀料など改葬の費用が請求されるケースもあるので、事前に確認をしてからにしましょう。

②お墓の近くに散骨する

法律では、遺骨を無許可のところに「埋葬」するのを禁止しています。
そのため、「散骨」ならば私有地のそばに遺骨を置いておくことが可能なのです。
ただし、遺骨はそのままの固形の状態ではなく粉末状にしてから撒いてください。
また、散骨の際に隣接する土地への影響がないかを調べておくことをおすすめします。

トラブルを避けるため施工をしない石材店もある

お墓そのものを私有地に建てるのは問題がなくても、土地の権利問題といったトラブルを避けるために石材店によっては施工をしてくれないケースもあります。
ただし、できるだけ遺族の意向を汲み、相談に乗ってくれるお店もありますので、私有地にお墓を建てたいと思ったら、複数の石材店に足を運んで相談をしてみるのも良いでしょう。

<まとめ>

さまざまな考え方や埋葬の形が出てきている近年、お墓の建立についても遺族の方の要望に応えてくれる石材店を見つけるのが、自分の理想とする墓地建立への第一歩です。
埋葬に関しては法律が絡んでくることなので、必ずプロの意見を聞いてからお墓の建て方を考えていきましょう。

Pocket

お気軽にお問い合わせ下さい。

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。


お電話でのお問い合わせ

0120-278970

9:00~17:00(土日祝も承ります)


 
メールでのお問い合わせ

下記のボタンより
お問い合わせフォームに入力ください。


お問い合わせフォームはこちら

コメントを残す

*