どうしてお清めに「塩」を使うの?正しいお清めの塩の使い方とは?

Pocket

pixta_17386791_MS

葬儀に参列した経験がある方は、終わった後に塩を手渡された経験があるかと思います。
このお清めの塩には、一体どのような由来があるかをご存知ですか?
今回は、どうしてお清めに塩を使うのか、そしていただいたお清めの塩の正しい使い方についご紹介いたします。

塩をお清めに使うのは神道が始まり

お清めに塩を使うというのは、もともと神道の儀式から来ています。
神道では死そのものを穢れがあるもの「死穢(しえ)」と言い、忌み嫌っています。
そのため、神式のお葬式ではこの死穢によって神聖な神様の家を汚さないように神社では葬儀を行いません。
さらに、棺を祭壇の前に安置するのが仏式なのに対し、神式の葬儀では遺体を祭壇の後ろに安置して参列者に見えないようにと穢れをとことん遠ざける工夫がされているのです。

塩はもともと神聖なものだった

塩は人間が生命を維持していく上で欠かせない存在です。
実際、塩が神聖なものとして扱われたのは古事記に由来しており、イザナギノミコトが黄泉の国から逃げ帰ってきたあと、その穢れを清めるために海水を用いたと記述されています。
これにより、地鎮祭などといった神事では、今でも必ず祭壇に盛り塩がお供えされています。

また、穢れという考え方がなかった仏教でも、神仏融合の歴史を経ていく中で、お清めには塩という考えが根付いていきました。
そのため、仏式のお葬式のあとでもお清めの塩が手渡されるようになったのです。

お清めの塩の使い方は?

お清めの塩をいただいたあと、実際にどのように使えばいいのかをご存知でしょうか?
実際に使うタイミングは帰宅後、玄関をまたぐ前です。
死者の穢れに触れた葬儀の参列者は体に穢れがついていると考えられており、まずは玄関をまたぐ前にお清めの塩を使って邪気を払う必要があるのです。
人によっては周囲の方々に見られないよう、玄関に入ってから塩を使う方もいらっしゃいますが、それでは家の中に穢れが入ってきてしまうため、玄関に入る前に使いましょう。

お清めの塩を振りかける順番は、胸、背中、足元と上から順番に3か所に使います。
量は軽くひとつかみの少量を使い、振りかけたあとは手で払い落としましょう。
また、基本的に家族がいる場合は自分でお清めの塩を使わず、他の家族に振りかけてもらってください。

<まとめ>

神式のお葬式では必ず使われているお清めの塩ですが、仏式では使わないケースも増えてきています。
そのため、必ずしもお清めの塩を使うと決まっているわけではないため、お葬式によってはお清めの塩を渡されないこともあるでしょう。
しかし、この時にお清めの塩がないことを不満に思う必要はありません。
地域や信仰している宗教などによって、お清めの塩への考え方は異なるため、塩を使わないと不安を感じる方は、玄関をまたぐ前に家族に塩をまいてもらいましょう。

Pocket

お気軽にお問い合わせ下さい。

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。


お電話でのお問い合わせ

0120-278970

9:00~17:00(土日祝も承ります)


 
メールでのお問い合わせ

下記のボタンより
お問い合わせフォームに入力ください。


お問い合わせフォームはこちら