卒塔婆

法要の当日までお墓に準備するものは?事前の準備を整えておこう!

法要は故人のご冥福を祈って、ご住職を招いてお経をあげてもらう行事です。
法要と一口に言っても、どれくらいの種類があるのかをご存知ですか?
また、法要をするにあたって前もって用意しておく必要があるものもいくつかあります。
今回は法要の種類と、法要までにお墓には何を用意しておけばいいのかをご紹介いたします。

続きを読む

お墓にある卒塔婆はいつ下げるの?正しい時期と方法

お墓参りに行くと、お墓のそばに細長い木の板が立てかけてあるのをよく見かけませんか?
あれば「卒塔婆(そとば)」と言い、ご先祖様や故人の供養のために建てられています。

そんな卒塔婆ですがいつお墓から下げるのがいいのか、正しい時期がわからないとの意見を耳にします。
今回はお墓に立てた卒塔婆はいつ下げるのが正しいのか、またその方法についてご説明いたします。

続きを読む

お墓にあると便利!塔婆立のメリットとは?

お墓を建てる際は、お墓本体だけでなくどんな付属品をつけるのかも選ぶ必要があります。
そんな付属品の中の一つが、卒塔婆を建てておくための「塔婆立(とうばたて)」です。
しかし、卒塔婆を立てるだけのために、わざわざ塔婆立を用意しなくてもいいのではないかと考える方もいらっしゃるでしょう。
今回はお墓に塔婆立があるとどんなメリットがあるのか、素材別にくわしくご説明します。

続きを読む

浄土宗はどんな宗派?教えやお墓の特徴について

pixta_5764562_ms

仏教の宗派はいくつか存在しますが、その中に「浄土宗」があります。
この浄土宗は「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と念仏を唱える宗派の一つ。
今回は、浄土宗とはどんな宗教なのか、またそのお墓の特徴についてご紹介いたします。

続きを読む

四十九日までは卒塔婆が7本必要?「七本卒塔婆」とは?

pixta_710166_MS

お墓の後ろ側や横に置かれている卒塔婆。
この卒塔婆は通常1メートルほどの長さがあるものが置かれていますが、お墓によっては半分程度の長さの小さいタイプが7枚置かれているところがあります。
短めの卒塔婆が7本セットになっている卒塔婆は、手厚く供養するための意味が込められているのです。

続きを読む